コスメ・ファッション レビューまとめ

【ALBION】アルビオン・乳液(ミルク)の使い方・特徴とは?|〜愛用歴7年のオタクが紹介〜

2023年3月20日


みなさん、こんにちは!ねぐちです!
現在27歳のアラサーであるCEO。お肌の曲がり角を迎え始めたお年頃だとか...。
ただ愛用してるALBION(アルビオン)のおかげで救われているところがたくさんあるとか!



20歳の頃から愛用し始めて早7年。通い続けて、いろんな商品を試しました。
そんな中でも推したいのはやっぱり「乳液
肌が柔らかくなる!乾燥肌に推したい!そんなイグニスの乳液をご紹介します。








この記事でわかること
  • ALBION(アルビオン)とIGNIS(イグニス)は違う?
  • アルビオンの乳液はここが良い!
  • 「乳液が最初!」独自の使用方法をしっかりと解説




簡単な自己紹介

スキンケアに興味津々


社会人になったのは20歳の時。
それから興味を持つようになったのはスキンケアです。


初めてアルビオンを知ったのはイベント。
ファンデーションの綺麗さに感動したのを鮮明に覚えてます。


社会人となり自由にできるお金が増えた私は
ほとんどの自由費をコスメに費やし出します。






最初はアルビオンを追求!

一個ハマるととことん追求するタイプな私はスキンケアを試すようになりました。

大事にしたこと!

  • そのメーカーの中で最も推せる商品
  • 一番自分に合うもの


以上の項目を中心に、アルビオンのスキンケアを試すようになりました。
いろんな商品が取り揃えられているアルビオン。
どれが良いのか分からないので、とにかく試すように。追求が始まりました。


他のブランドには目もくれずアルビオン1本で追求
アルビオン系列のほとんどの製品を使ったかと思います。
(廃盤になったものありますが。)
そんなこんなで早7年経過。






スキンケア追求が楽しくて仕方ない


ということで!これまで試してきた商品をご紹介していきます。

各商品に対する感想・使い心地などを
個人的な目線でお届けしていきます。
気になっている商品がある方の参考になると嬉しいです。







アルビオンの代名詞「乳液」

肌を柔らかくする効果大

アルビオンでは乳液先行型といって、乳液を一番最初に塗ります。
洗顔後すぐに塗るのは乳液。ここが何よりの特徴です。

特徴的なとこ!

・乳液先行型
・化粧水よりも先に乳液を塗る


導入美容液等を使用する場合は、導入美容液が先です。その後に乳液となります。



なんにせよ化粧水よりも先に乳液を塗るんです。
最初は違和感のあった順序。
なぜそこまで順番が大切なのかと考えると、個人的な結論は以下の通りです。

乳液先行型の効果

・肌が柔らかくなる!
・乾燥しづらくなる!



本当に柔らかくなるんです。
もちろん1回ですぐに肌質が変わるわけではないです。
使い続けているとより実感しますね。

肌の柔らかさは、その後のスキンケア商品の浸透に関係するよりに感じます。
あと単純に触り心地・塗り心地の良い商品を選ぶことも大事と感じますので、仕上がりがふっくらと柔らかになるアルビオンの乳液はやはり良いなと感じます。






乾燥肌の私にはピッタリ

向いている人

・乾燥肌の人
・しっとりした仕上がりが好みの人


不向きな人

・脂性肌の人
・ベトつきが苦手な方
・脂性肌向けの乳液もあるが「しっとり」仕上がる印象



アルビオンの乳液は基本的に普通肌〜乾燥肌の方に向いていると感じます。
私自身はかなりの乾燥肌なので、とても好きなつけ心地ですが肌質によっては苦手な方も多いでしょう


とにかく乾燥に悩んでるんだ!
という方には向いてると感じます。
実際に使用していて保湿面での効果を実感することは多いです。







特徴的な乳液の使い方

乳液は化粧水よりも先に

使い方が特徴的なアルビオンの乳液。
乳液先行型といって化粧水よりも先に乳液をします。


この順番がすごく大切。
もし導入美容液を使うのであればそちらを塗ってから乳液です。


どうしてか分からないのですが、アルビオンの乳液の場合は乳液を先に塗る方が本当に肌調子がよくなる。
そして以下のような、個人的な疑問が浮かぶようになってきました。




化粧水を先に塗ると変化がある?


個人的な興味で、化粧水を先に塗る時期を作り実験してみました!
3週間ほど試してみることに。

・乳液を先に塗る方が肌が柔らかい
・化粧水を先に塗ると、他のスキンケア商品の浸透が悪くなる

ねぐち

個人的に試してみたことなので、エビデンスなどはありません...。
レビューとして参考程度にしていただけると嬉しいです。










コットンを使うべきか

アルビオンではコットンを使用しての乳液塗布を推奨されています。
ただ、コットンでさえも刺激を感じてるぐらい敏感な時期があった私。


美容部員さんに質問!

本当にコットンで塗る必要がありますか?
素手で塗るのは良くないですか?


美容部員さんの答え

コットンで塗布する方法を推奨しています。
ただ、コットンが肌に合わない場合は無理に使う方が肌に悪いので、手で塗っていただいて構いません。



なるほど。基本的にはコットンを推奨しているとのことですね。
コットンを使用すると多量の乳液が必要になるのでもったいない気がするのですが、メーカー推奨の方法で塗った方が効果が高まるのかなと感じました。







肌状態により使い分ける


コットンといっても肌に対しては刺激になることがあります。
敏感な時期のみ、コットンの使用を控えていこうと思います。
ただ、手で直接塗るとなると手の方にも乳液が浸透していきます。

気になるポイント

・素手で塗ると手にも浸透するため、顔に行き渡りづらい。


個人的な結論

摩擦のない状態を実現しながら、十分な量を顔全体に塗るにはコットン使用がいい!









3プッシュは多すぎる?

最初に購入した頃、3プッシュの多さに驚いてました。
こんなに必要か?絶対に余ってしまうぞ。

そんなことを思い、少なめにして塗ってました。
ただ7年使い続けている現在は3プッシュで落ち着いてます

3プッシュにした理由

・たっぷりと塗るので肌への摩擦が減る
・使い心地がいいので気分が上がる



肌に良くないと言われる摩擦を減らすためにも、3プッシュ・コットンで取り塗るのがいいのかなと感じています。
これはどんな化粧品にも言えることだと思いますが、ケチらずにたっぷりと塗ることが大事(効果が出やすい)と思いますね。







まとめ

価格帯が高いことが懸念点


気になることといえば価格。
やはり安くはないですね。

気になる価格帯

・安くても3,000円〜(1商品あたり)
・1ヶ月使用するなら最低5,000円〜
・高いものは10,000円以上〜


ラインによって価格帯が異なります。
最も安いラインでも3,000円からです。
また、3,000円の商品では2週間分の内容量とされていますので1カ月あたりに換算すると5,000円程度はかかります。


続けることが最も重要となるスキンケア。
一度使うと良くなるというわけではないので
無理のない範囲で使えるラインを見つけましょう


一番安いラインでも高いなと感じる人は
無理のない範囲で使えるブランドを探すことが一番です。
アルビオン以外でも良い商品はたくさんあります。








やめても結局戻っちゃう

他のブランド商品が気になり、浮気した時期もあります。
しかし結局戻ってくるのはアルビオン


乳液とクレンジングに関してはアルビオンの商品に落ち着きがちです。
化粧水やクリーム、洗顔等は他ブランドの商品を使用してます。








現在はイグニスを愛用中

使用中の乳液
IGNIS:モイスチャアライジングミルクⅡ


今使用してる乳液はこれ
冬場でも夏場でもこれです。


夏用の乳液に美白に特化した商品もあります。ただ、それは少し肌に合わない成分が入ってるのか荒れやすいですし
乾燥が目立ちます。


だから、夏でも冬でも年中この商品です。
他のスキンケアアイテムで季節による変化を出してます。


それでは本日は以上です。
最後までご覧いただきありがとうございました!


  • この記事を書いた人

ねぐち

2人暮らしのCEO夫婦|そんな2人と共に生活する鳥|2022年に注文住宅で建てた平屋で生活中|コーギーを飼い始めたよ|波瀾万丈な人生で身につけた、どうにか生き抜く考え方|とにかく暮らしに関することは何でも書くぞ!|『なんで誰も教えてくれなかったんだろう』と感じたことを発信中!

おすすめの記事

1

家計管理を始めて2年目となった僕たち。最初はたくさんのお金に関する悩みがありました。 そんなこんなで浪費家だった僕たちですが、今では毎月10万円以上の貯金をすることに成功しています。秘訣は間違いなくコ ...

2

どうしても理想のクローゼットを実現したかった僕たち。最適な商品を見つけます。それは「南海プライウッド・ウォールゼット・ノエル3」カスタムが自由にできる上にパーツが多いことが特長です。僕たちが作った通り抜けタイプのウォークスルークローゼット紹介!

3

CEOの挨拶 先日、通院してる精神科にて心理検査を受けました。その時のテストが超・印象的!価値観・傾向・捉え方...など「自分」がはっきりと見えてきて面白かったです。 実際の問題と私の回答を見ながら文 ...

4

注文住宅で建てたマイホーム。お願いしたのは小堀建設という住宅メーカーです。どこにも負けないのは「人柄」「自由度」「丁寧さ」ここが決め手になりました。一生に一度あるかないかのお買い物。大事な選択でしたがお願いして本当によかったです。

-コスメ・ファッション, レビューまとめ
-