家計管理

【まずは貯金、次に投資へ】効率的に家計の資産形成する方法・コツ


教育資金や住宅資金、老後資金など...、家計管理においての資産形成は大切です。
しかし貯金するだけで増やすことは時間が掛かるように感じます。


今は銀行にお金を貯めているだけでは増えない時代。
家計でも投資と組み合わせて家計の資産形成することが推奨されているようです。


2024年になり、新NISAが始まったこともあって貯金と投資はどちらがいいか?バランスは?と悩む人も多いはず。
同じように悩んでいた結婚4年目の主婦が『貯金と投資のどちらがいいのか?という悩みを中心に、家計のお金を効率的に増やしていく方法をまとめました。

CEO

それではスタート!






  • 貯金と投資はどちらがいい?家計では順番が大事だと考える理由
  • 貯金&投資のメリット・デメリット
  • 投資を始める上で大事なこと5選
  • 家計の資産を効率的に増やすためのコツ









【順番が大事】まずは貯金、その後投資へ

貯金か投資かと聞かれた時に、大事なのは順番と感じます。
更には”どちらも継続すること”が重要です。

貯金と投資も資産形成の方法という点は共通していますが、メリット・デメリットが違います。
それぞれの特徴を把握した上で自分に合った資産形成の順番を把握していきましょう。






  • 簡単に始めることができる
  • 作業がシンプルだから楽
  • 元本割れのリスクが少ない
  • お金の出し入れが自由にできる


何といっても簡単に始めることができるのが貯金のいいところ。今日からでもすぐに始めることができます。口座に貯めてもよし、貯金箱に貯めてもよし!基本的にルールはなく、自由に誰でも簡単にすぐに貯められることが良いところです。






  • 投資のようにお金が増えることはない
  • 資産形成という視点で考えると効率が悪い


一方、デメリットはお金が増えないところです。低金利時代である今は預金するだけではお金が増えません。









  • お金を効率的に増やすことができるので資産形成に向いてる
  • 複利の効果が使える
  • 現在は非課税の投資制度がある

やはり効率的にお金を増やすことができるのが投資のいいところです。現在では”投資の利益による収入が非課税になる制度”(積み立てNISA・iDeCo)もありますので初心者でも無理なく始めやすい環境も整っています。








  • 元本割れのリスクがある
  • 始める前に勉強する必要がある

簡単に始められる投資制度があったとしても全く勉強せずに知識ないまま始めるのは危険です。元本割れのリスクを把握したり、投資とはどういうものなのか理解したり...と基本を押さえておくことが大事。

CEO

そこで、初心者の私たちが投資を始める前に『知っておきたかった」と感じたことをまとめていきます!













【初心者必見】投資をする上で大事なこと

絶対に勉強してから始めること

積立NISAやiDeCoなどの初心者でも出来る投資がありますが必ず勉強してから始めましょう。
どれだけ初心者でも始めやすいと言っても知識がない状態で始めると危険度が増します。



状況によっては投資は不向きなことだって当然あります。
投資ならではのリスクを具体的に把握することは非常に大事です。
加えて、どうして投資なら効率よく資産形成出来るのか?というメリットを知ることも重要です。






投資のリスクを理解すること

絶対に増える投資商品というものはありません。
どんなに優良商品として紹介されていても、必ず増える投資商品はありません



そのため私は『貯金を先にする方が良い』と考えます。
貯金を失うリスクというのは滅多にありません。



ただ、投資の場合は失う可能性があります。失っても大丈夫な金額を投資するようにしましょう。
そのため少額から始めることがおすすめされています。









複利の効果を理解すること

これまで投資のリスクばかりをお話をしたのですが、始めたくなる大きな魅力もあります。
それは複利。上の画像のように複利では「投資した金額だけでなく投資で得られた利益も元本となっていくこと」です。


そのため、続ければ続けるほど利益は増えやすい傾向にあります。
複利の効果を使うとお金が増えるスピードがアップ!
これが資産形成に向いていると言われる最大の理由と認識しています。









資金がある上で始めること

収入の金額に関わらず、手元に一定額以上のお金があるようにしましょう。
余剰資金にて投資を運用することが基本です。



投資の利益を頼りにして資産形成するのではありません。
もちろんたくさんのお金を投資に回した方が多くの利益を得るチャンスがありますが多くのお金を失う危険性と隣り合わせ。
「増えるかもしれないし、失うかもしれない」ので減っても問題ないお金(=余剰資金)を投資に回すようにしています。


確実に貯めるならまずは貯金一択。
この順番を守りながら貯金と投資のサイクルを回すと安定した家計管理ができました。
初心者におすすめされているNISA・iDeCoだとしてもそれは変わりません。










とにかく継続すること

先ほど紹介した複利の効果を利用して効率的に資産形成をするなら継続することが何よりも大事!
短い期間で資産形成をする事も不可能ではありませんがギャンブル性が高くなります。



大きなお金を高いリスクのもとで運用するのはプロでも難しいレベル。
「初心者の私たちでも出来る」という視点から考えると少額を継続的に積み立て投資する。
これがおすすめです。



そんな投資を始めたい!と思う人には積み立てNISAが合っています。
2024年から新NISAが始まったこともあって今が始めどき!とも言えるでしょう。







iDeCoとNISAどちらがいいか?僕たちはNISAをおすすめします。


iDeCoは老後資金を作る上で有効な資産形成方法だと感じます。
65歳いこうでないと引き出すことができないなどお金の出し入れに制限があります。
まだ20代後半〜30代前半のCEO夫婦にとっては超痛手。


それと比較してNISAは出し入れが自由!
そこが始めようと思った最大の決め手です。
その他にも











項目から『貯金と投資のバランス』を考える

家族構成から考える

大きな出費が控えているようであれば無理に始める必要はない

一人暮らし・二人暮らし・子供がいるのか...など家族構成によって投資に回せる金額のバランスは変わってきます。
生活においての出費の内容も大きく変わってくるため、近い将来「大きな出費があるか」という点を考えるようにしました。





収入から考える

収入が多い方が投資の回せる金額は多くなります。
ただ、そこまで優先度の高くない項目と感じています。


収入を上げることよりも支出を下げる方が遥かに簡単な。
生活費を下げることに注力すると自然と投資に回せる金額は多くなるでしょう。






年齢から考える

現在アラサーのCEO夫婦。一番大きな金額が必要になるのは老後の予定です。
ただ、それまでには30年以上あるので投資の割合は大きくしすぎないようにしてます。


3年以内に車の買い替えや外構費用、など数百万円の出費が控えているので貯金をすることを優先中。
年齢が40代・50代となると割合を多くしていく予定です。






現在の資産状況から考える

今の資産状況が一番大事にしてる項目です。
貯金ゼロの状態では始めるのは危険!
また、借金がある状態であれば間違いなく返済が第一優先となります。



僕たちは、失業して収入がなくなった場合を想定して収入4ヶ月分の貯金を作ってから始めることにしました。
もし現在手元に多くの貯金があるようであれば「貯金を投資に毎月回す」のもいいと思います。
多くの貯金を手元に置いておく必要はありません。それなら収入の多くを投資へ回しても問題なし◎






将来のライフプランから考える

結婚や転職、マイホーム計画などのライフプランによって直近で必要な金額は変わるはず。
特に教育資金は出産〜成人までに2000万円以上とも言われているので大きなお金が必要です。


投資をするか貯金をするかよりも「今後の自分の人生をどうしていきたいか」の計画から始めてみるのもいいかもしれません。

CEO

まずは人生プランを旦那と考えることからスタートしました。








これまで紹介した5つの項目を総合的に見ながら「貯金と投資のバランス」を判断することにしました。
どれか1つの項目だけで賢明な判断するのは難しいです。


現状・今度の状況を把握して投資と貯金のバランスを決めるのがベストです。










家計を見直すことで効率的にお金を増やそう

支出を減らすことで手元にお金を残せる家計に

貯金と投資を成功させるためには「支出を減らす」ことが鍵です。
同じ収入でも資産形成に回せる金額が多くなります。


支出を減らすことは、誰でもすぐに始められる資産形成とも言えるでしょう。
生活費を下げるための「必要最低限で暮らす考え方」をまとめましたので良かったら参考にしてください。





収入を増やすことで手元に入るお金を増やす

副業などをして収入を増やすことも立派な資産形成の1つ。
ただ、ハードルはかなり高いです。


正直、収入を増やすよりも「支出を減らすこと・投資に回すこと」の方が早かったです。
ただ副業等も合わせて進めていくと更に効率的に資産形成が出来るので頑張りたいところ◎

CEO

今後の私の課題です。








資産形成を進めて穏やかな暮らしへ

大事にしてること

現状を把握し
将来を見据えて
今できることをやる



家計管理をする上で常に頭に入れていることはこちら。
元々は浪費家でしたが、お金に対する知識を増やし・考え方を変えました
そのおかげで結婚4年目の現在は安定した家計管理ができるように。
今後も課題・改善に取り組みつつ老後資金を作っていこうと思います。



それでは本日は以上です。
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

  • この記事を書いた人

ねぐち

引きこもり系主婦”CEO”と多忙系サラリーマン”たに”|そんな夫婦と生活する鳥が僕”ねぐち”|考え込むことが大好きな僕はブログを開始|新米主婦が驚いた社会の知恵|波瀾万丈な人生で身につけた人生の教訓など...|とにかく暮らしに関することは何でも|CEOに代わって僕が発信しています!(※実際はCEOが書いています)

おすすめ記事

1

家計管理を始めて2年目となった僕たち。最初はたくさんのお金に関する悩みがありました。 そんなこんなで浪費家だった僕たちですが、今では毎月10万円以上の貯金をすることに成功しています。秘訣は間違いなくコ ...

2

どうしても理想のクローゼットを実現したかった僕たち。最適な商品を見つけます。それは「南海プライウッド・ウォールゼット・ノエル3」カスタムが自由にできる上にパーツが多いことが特長です。僕たちが作った通り抜けタイプのウォークスルークローゼット紹介!

3

CEOの挨拶 先日、通院してる精神科にて心理検査を受けました。その時のテストが超・印象的!価値観・傾向・捉え方...など「自分」がはっきりと見えてきて面白かったです。 実際の問題と私の回答を見ながら文 ...

4

注文住宅で建てたマイホーム。お願いしたのは小堀建設という住宅メーカーです。どこにも負けないのは「人柄」「自由度」「丁寧さ」ここが決め手になりました。一生に一度あるかないかのお買い物。大事な選択でしたがお願いして本当によかったです。

-家計管理
-