家計管理

【生活水準は上げないこと】お金を貯めるために最も効果的だった方法はコレ!

2023年4月5日




家計管理を始めて2年目となった僕たち。最初はたくさんのお金に関する悩みがありました。

  • ついつい浪費してしまう
  • 買い物でストレス発散してしまう
  • 毎月安定した貯金額を捻出することができない...


そんなこんなで浪費家だった僕たちですが、今では毎月10万円以上の貯金をすることに成功しています。
秘訣は間違いなくココだと思います。

生活水準を上げない。

ねぐち

その秘訣を今回はご紹介していきます。それではスタート!





この記事でわかること
  • 安定した貯金を確保するために効果的なのは「生活水準の維持
  • 生活水準を上げてしまうと貯金が困難になる理由
  • 生活水準を下げた先に待っていた嬉しい効果











生活水準を下げると「お金が貯まる」

僕たちの思う「生活水準」

まずは生活水準という言葉について考えましょう。
言葉自体の直訳を検索すると以下のような文章が掲載されていました。

暮らし向きの高さと内容が現実にどのようであるかを示す指標概念

日本大百科全書(ニッポニカ)|コトバンクより引用


ねぐち

ちょっと小難しい言葉が並んでいて分かりづらいなぁ。
けちば主任!簡単に言い変えてください!

その人自身が「どんな暮らしをしてるのか」と言うことだな。

  • 住む場所
  • 着るもの
  • 食べるもの
  • 移動手段etc...

日々の生活で利用する商品・サービスを中心に考えるとその人の生活水準が見えると思うぞ。

けちば主任




統計学では『所得水準と消費水準などの全般のことを生活水準を指す』と記載されていました。

ただ、僕たちがこれからお話する生活水準は主に「消費水準」を軸に話すことにします。
所得の水準は職業や年齢により大きく変わってくるので今回の記事では含みません。
日々の生活の消費に関わるもの・サービスとして、どんなものを利用して暮らしているかの違いを「生活水準」として考えていくことにしましょう。












生活水準を下げることによる最大の効果

生活水準を下げる最大の効果

何よりも大きな効果!
お金が貯まる!


結婚当初のCEO夫婦は間違いなく「生活水準(消費水準)」が高かったんです。
日用品にしても食材にしても、何かとちょっといいものを買っていたので。




ちょっといいものを買う癖がつくと大変!

一つだけでは小さな金額差ですが、生活全般の買い物総額となると大きな差に。
きちんと意識して選ぶようになってからは、手元に残るお金が劇的に増えました。


食材・柔軟剤などの日用品・お菓子...
例を挙げるとキリがありませんが全部”良いもの”を選ぶと大きな金額差に。
チリも積もれば山となるようです。

ねぐち

逆を言うと、”ちょっとでも安いものを買う”という意識は大きな金額に繋がる!















年間200万円以上の貯金に成功

直近の収支のバランス

毎月20万円以上の貯金に成功!
ボーナス月はプラス25万円貯金(年2回)



単純に計算すると年間290万円の貯金が可能となりますが、家計管理には突発的な出費がつきもの

  • 車関係
  • 家具
  • 家電買い替え
  • 旅行etc...

その点を踏まえると200万円ちょっとが年間貯金額と考えられます!












漠然とした不安は消え「満足度UP」

これまでは将来に対する漠然とした不安がありました。
お金のことでの不安というのは意外としんどいんですよね。
生活水準を下げた暮らしを送ることで貯金額だけでなく、心にも変化があったんです。



生活水準を下げることによる心の変化

生活水準を下げて貯金癖がついてからは満足度はUP
将来への不安も薄くなってきた!
万が一の時、最低限のお金があれば生きていける自信にも


今では2人暮らし(固定費・住宅ローン等込み)で25万円前後の生活費に抑えることができています。
現在の家庭全体の手取り額と比較するとかなり少ない金額。これなら収入の減少を想定しても安心です。









生活水準を上げない方がいい理由3選

基本給でも暮らせる生活水準の維持するため

生活水準を高くしたくない理由は基本給にあります。
現在のバードセキュリティの収入状況を簡単にまとめました!

今の僕たちの収入状況
  • たに1人だけの収入(一馬力スタイル)
  • 残業代や手当が豊富な給与制度
  • 基本給は少しずつ年に1回昇給



『残業代』や『手当』が豊富な"たに”の勤めている会社。
この分が含まれた給与が毎月振り込まれています。
あるのが当然だと勘違いしていましたが、本来は、いつなくなってもおかしくないお金です。


残業代・手当の注意点

保証されている金額は基本給だけです。
残業代・手当代ありきで家計管理を考えることは危険と判断。




いつまでもあると思うな残業代


この心構えが想像以上に大切です。幸いなことにコロナでの煽りを受ける業界ではありませんでした。
ただ、コロナ流行をきっかけに「いつ何が起きてもおかしくないな」と痛感するようになりました。
だからこそ、基本給で生活できることを目安としています。








「いつ・誰に・何が」起きてもおかしくない

CEOは20代前半にうつ病・摂食障害にて休職しました。
そうなったとき突然収入は減少。そして、医療費(支出)は急増します。

休職するとお金に悩む

収入は減るけど、支出は増える!


休職では生活が一気に圧迫される場合がほとんど。これまでは給料があって当たり前に支払うことができていた金額のものも支払いが苦しくなる可能性大です。
こういった経験も含めて生活水準を上げないことに越したことはないと感じます。


誰もが鬱になる可能性があるは本当!

基本的に前向きでのんき。計画的なところもあるし、何とかなるという謎の根拠で生きている人でした。
多くの人が「まさかCEOが…」と思ったはずです。
今でもその気質は変わりません。健康を取り戻したCEOはこれまで通りのたくましさで生きていらっしゃいます。

ねぐち

「うつ病は誰もがなる可能性がある」この言葉は本当なんだと痛感したとおっしゃっていました。
僕も胸に刻んで暮らしていこうと思いますっ!













一度上がった生活水準を下げることは難しい

ここは本当に要注意項目
一度上がった生活水準は下げることは難しい。
だから、むやみに上げないことを推奨します。


生活水準で大事なこと
  • 予防
  • 対策



風邪になってから手洗い・うがいをしても遅いんです。本来は風邪をひかないために予防としてするはずです。
それと同じように万が一、収入が下がってから生活水準を下げたいと思っても手遅れなことがあるんです。
特に影響の大きい項目がローン関係です。



収入減少とともに生活費を減らさなくてはいけなくなったときローンは嫌でも減らすことはできません

主なローン
  • マイカーローン
  • 脱毛ローン
  • 住宅ローン
  • 奨学金


この世の中にはローンという名の借金が豊富に存在。
ただ、こういったローンで買えるものの多くは自分の生活水準を大きく上げてくれます。


良い車に乗りたい!
良い家に住みたい!
綺麗な自分のために課金!

他人からの見え方を気にしたり、見栄を張ることで破綻へと近づいていっては本末転倒です。
現金一括で買えるお金の余裕があるなら差し支えないですが、無理なローンを組んでまで買うのは身の丈に合っていないと思います。


ねぐち

ローンを利用して生活水準を上げるのはリスクが大きいんだね!

だから、無理なローンを組んではいけないんだ。
これも家計破綻予防のひとつ!

けちば主任














生活水準を上げない方法

自分たちの支出の把握

まずは『支出の把握』に限ります
ここができていなくては生活水準を上げない・下げるは難しいでしょう。


収入の把握は簡単です。毎月振り込まれる給料を確認するだけ。
副業等もやっている人は給料日が複数ある場合もあるかもしれません。
ただ、支出は別です。意識しないと把握できません。

おすすめの支出把握方法

1ヶ月間だけ、1週間だけでもいいので使ったお金すべてをメモしてみる。


その金額を合計していくらになるか現実を見てみると驚く人多いと思います。
「想像よりも使っている...」僕たちは正直、絶句しました。
当時は家賃込みで『1ヶ月に34万円』ほどかかっていたんです...









先取り貯金をする

生活水準を下げるために1番即効性があったのは「先取り貯金
給与が入ったらすぐに8万円別の口座に入金しています。

僕たちの先取り貯金方法
  • 7万円は普通預金へ
  • 3万円へ積立NISAへ


給料日に振り分けることで先取り貯金分の8万円はなかったこととして扱っています。
マイナス8万円分した給与で生活する癖がつくと楽でした。自然と生活水準が下がっていきます。
そして、我慢してるという感覚がないというのが驚き

ねぐちくんのアドバイス

先取り貯金の金額は無理なく!
続けるためにも絶対に達成できる金額から!



『必ずできる金額』を初期設定として、慣れてきたら金額を上げるなどで対応していきましょう。
成功の秘訣は「早く始めること・長く続けること」の2つです










収入が上がっても生活費を上げない

年齢とともに出世や昇給などで給料が上がる方も多いかと思います。
その場合、嬉しい反動で生活水準を上げてしまいたくなる気持ちがあるはずです。

生活水準に変化が出やすいもの
  • 今より家賃の高い物件への引越し
  • 車の買い替え...


このように大きな支出へとつながる部分の生活水準を上げてしまうと手元に残るお金は昇給前と変わらない、ましてや下がることも多々あります。
結果、昇給前と生活のゆとりは変わらないことになるんです。
昇給したからといって生活水準を上げてしまうのは危険度の高い行為だと僕たちは思っています。










僕たちの生活水準はここが高かった...!

僕たちの生活水準を上げてしまっていた原因
  • 日用品
  • サブスクサービス

日用品はちょっと良いものを買う傾向にあり、サブスクは大して利用もしないのにいくつも登録していました。
案外単価の高い日用品は少し良いものを選んでいると合計がすぐに大きく変化します。サブスクも同じようにチリも積もれば山となるです。
そこで、以下のような見直しを実施しました。

見直しポイント

必要最低限でも暮らせる!ストックを無駄にする必要性はなかった!


2万円近くの削減に成功しました。掃除好きなCEOは何かと掃除グッズを購入。
案外、単価が高い日用品は1ヶ月単位で見ると大きな違いになっていたようです。










生活水準を下げるために役立った心構え

見栄を張っても現実は何も変わらない

ついつい、住む場所・持つもの・食べるもの
そういった部分に身の丈以上にお金をかけてしまいがちです。


正直、見栄を張るために商品を選んでいるという人も多いのではないでしょうか。
”たに”自身も独身時代はまさにそのタイプだったと言います。
ただ、結婚を機に「生活」「現実」「家族」というものを目の当たりにすると自分の見栄のために使うお金はいらないなという考えに自然と変わっていったそうです。

  • こう見せたい自分
  • こう見られたい自分


自分が思っている理想の自分というものを捨ててしまうと一気に生活水準などはどうでもよくなりそうですね。

ねぐち

僕はありのまま生きることにしたよ












生活水準を上げても心の満足度が上がるとは限らない

いろんな部分に多くのお金を注ぎ込んでいた時期がCEOもあったそうです。
お金を払うことによる高揚感を感じないといえば嘘になると言っていました。
ただ、今の生活の方が圧倒的に満足度が高いと答えていらっしゃいます。

何か「モノ」で満たそうと思っても限界があるから


自分の置かれている状況・環境に納得していれば高価なものがなくても満足度が勝手に上がっていくことを知ったとおっしゃっています。

ねぐち

CEO、なんか良かったですね!













欲しいものは「将来への安心感」


漠然として将来への不安があります。特に老後生活。


現在でも老後に夫婦で月に20万円もらえない家庭が多いと聞きます。
私たちが年金受給者になる頃にはいくらなんだろうと不安に...。

長く豊かに暮らすための習慣
  • 『働けるうちに』
  • 『貯めることができるうちに』
  • 『生活水準を上げすぎずに』


生活水準の高いまま突入する老後生活は大変リスクが高いように感じます。収入は減るのに支出は高額なままでは亡くなるまでに貯金が底をつきる可能性もあります。
人生100年時代と言われる現代、老後生活を穏やかに暮らすためにも今のうちからコツコツと。これに限りますね。


以上が生活水準を上げない方がいいと思ったお話です。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人

ねぐち

引きこもり系主婦”CEO”と多忙系サラリーマン”たに”|そんな夫婦と生活する鳥が僕”ねぐち”|考え込むことが大好きな僕はブログを開始|新米主婦が驚いた社会の知恵|波瀾万丈な人生で身につけた人生の教訓など...|とにかく暮らしに関することは何でも|CEOに代わって僕が発信しています!(※実際はCEOが書いています)

おすすめ記事

1

家計管理を始めて2年目となった僕たち。最初はたくさんのお金に関する悩みがありました。 そんなこんなで浪費家だった僕たちですが、今では毎月10万円以上の貯金をすることに成功しています。秘訣は間違いなくコ ...

2

どうしても理想のクローゼットを実現したかった僕たち。最適な商品を見つけます。それは「南海プライウッド・ウォールゼット・ノエル3」カスタムが自由にできる上にパーツが多いことが特長です。僕たちが作った通り抜けタイプのウォークスルークローゼット紹介!

3

CEOの挨拶 先日、通院してる精神科にて心理検査を受けました。その時のテストが超・印象的!価値観・傾向・捉え方...など「自分」がはっきりと見えてきて面白かったです。 実際の問題と私の回答を見ながら文 ...

4

注文住宅で建てたマイホーム。お願いしたのは小堀建設という住宅メーカーです。どこにも負けないのは「人柄」「自由度」「丁寧さ」ここが決め手になりました。一生に一度あるかないかのお買い物。大事な選択でしたがお願いして本当によかったです。

-家計管理
-